アフィリエイトの仕組

<PR>
トップアフィリエイターのノウハウと、
私の師匠である経営コンサルタントによる活用法

アフィリエイトプログラムは、アマゾンのように企業が単独で提供している例もありますが(リンクスタッフといいます)、大半はECサイトから委託を受けたアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)によって提供されています。

アフィリエイターにとっては、一つのASPに登録するだけで多くのECサイトのアフィリエイトプログラムを利用できるメリットがあります。ここではアフィリエイトの仕組について詳しく説明します。

アフィリエイトプログラムには以下の四者が関わることになります。

以上の四者がどのように関わっているかを図で示すと下図のようになります。

アフィリエイト仕組図
(ここでの説明や図は、「アフィリエイトで始める!儲かる!ネット通販」(宝島社)より引用しています。)

それぞれの項目について説明します。

ECサイトが商品写真や広告を卸す。
ASPに加盟したECサイトは商品写真や広告をASPに卸します。
アフィリエイターが商品リンクや広告を仕入れる。
アフィリエイターは仕入れた商品リンクや広告を自分のホームページ(またはメールマガジン)に貼り付けます。ECサイトに提携申請をして、承認された場合のみ広告を使用できるという形態がほとんどです。
お客さんが商品リンクや広告をクリックする。
クリックすることによってお客さんがECサイトへ誘導されます。クリック保証型広告の場合、お客さんがクリックした時点で報酬が発生します。
お客さんがECサイトで商品を購入する。
お客さんの立場からするとアフィリエイトサイトで購入したという感覚になりますが、実際はECサイトで購入することになります。このとき購入したお客さんがどのサイトから来たのかわかる仕組になっています。
商品が発送される。
ECサイトがお客さんに商品を発送します。お客さんがECサイトへ誘導された時点でアフィリエイターの仕事は終わっています。アフィリエイターがすることは何もありません。
広告料金が発生する。
商品が売れるとECサイトはASPに広告料金を支払います。
成果報酬が支払われる。
ASPからアフィリエイターに成果報酬が支払われます。成果報酬が発生する条件は、商品が売れたときのほかに、会員を獲得したとき、資料請求されたとき、広告がクリックされたときなどECサイトによって様々です。

>>マーケティング手法へ

▲TOP

Copyright(C) Affiliate Manual All Rights Reserved