アフィリエイトの歴史

アフィリエイト発祥の地はアメリカ

1996年に開始された米アマゾンドットコムのアソシエイトプログラムがアフィリエイトプログラムの始まりだと言われています。現在ではアマゾンアソシエイトのメンバーは全世界で95万人にもなっています。

同じ1996年には、米LinkShareが世界で最初のアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)として業務を開始しています。

<PR>
トップアフィリエイターのノウハウと、
私の師匠である経営コンサルタントによる活用法

日本では1999年にサービス開始

日本では、Value Commerce(バリューコマース)が1999年にアフィリエイトプログラムの提供を始めたのが最初です。

Value Commerce(バリューコマース)は、1996年に設立されレンタルサーバ事業を中心に展開していました。1998年にバリュークリック社とライセンス契約を交わしクリック保証型のバナー広告の提供を始めました。バナー広告部門は現在ではバナークリックジャパンとして独立しています。

その後、2000年に(株)ファンコミュニケーションズがA8.net(エーハチネット)の業務を開始しました。

2001年には米LinkShareが三井物産(株)と業務提携しLinkShare(リンクシェア)が設立され業務を開始しました。同じく2001年に、トラフィックゲートアクセストレードが業務を開始し大手のアフィリエイトサービスプロバイダが出揃うこととなりました。

大手アフィリエイトサービスプロバイダが出揃う

電脳卸が2002年、1億人.comが2003年に業務を開始しました。同じく2003年には楽天市場が楽天アフィリエイトをスタートさせました。これで大手アフィリエイトサービスプロバイダが出揃ったことになります。

2004年にはGoogleがGoogle AdSenseを正式にスタートさせました。ページテーマに最適な広告を配信してくれるコンテンツ連動型広告、他にはない高いクリック単価で大きな支持を得ています。

増え続けるアフィリエイトサービスプロバイダ

2005年になっても新しいアフィリエイトサービスプロバイダが続々と誕生しています。アフィリエイトが効果の高いマーケティング手法であることの認知度が高まってのだと思います。

2005年に誕生した新たなアフィリエイトサービスプロバイダは、 ネットアライアンスアドチャンプル等です。

日本のアフィリエイトは現在導入期にありますので、これからもアフィリエイトサービスプロバイダが増えていくことが予想されます。しかし、いずれ成熟期に入りますので必ず淘汰されるところも出てくるはずです。

アフィリエイトの今後

現在アフィリエイトは誰にでも簡単にできるお小遣い稼ぎという面が強調されすぎているように感じられます。確かに誰でも簡単に始めることができます。始めるためのハードルは低いものでしかありません。しかし、稼ぐためのハードルは決して低くありません。

現在ではECサイトに提携申請してもほとんどが承認されます。しかし、ECサイトにはアフィリエイトサイトを管理する仕事もあります。今後はその仕事に見合った成果を期待できないアフィリエイトサイトを切っていくことは十分に考えられます。

有力アフィリエイターの囲い込みを始めているECサイトがあるという話も聞きます。現在は一部の有力アフィリエイターを除けばどんぐりの背比べの状態かもしれません。今のうちに力をつけて、成熟期にも生き残れるアフィリエイターを目指したいものです。

>>アフィリエイトの仕組へ

▲TOP

Copyright(C) Affiliate Manual All Rights Reserved