アフィリエイトの概要

アフィリエイトの定義

アフィリエイト(affiliate)とは、提携する、加盟するという意味の単語です。

アフィリエイトプログラムを簡単に説明すると以下のようになります。

個人または企業が運営するサイト・ブログ・メールマガジンに、提携したECサイトの広告を掲載します。訪問者がその広告を経由してECサイトにたどり着き、商品の購入など定められた条件を満たせば、サイト・ブログ・メールマガジンの運営者に成果報酬が支払われます。

アフィリエイトとは、アフィリエイトプログラムに参加する個人や企業のことを指しますが、アフィリエイトプログラム全体のことを指す言葉としても使われます。広告を掲載しているサイトをアフィリエイトサイトと言います。

一般的には、アフィリエイトプログラムに取り組む個人をアフィリエイター(和製英語)と呼ばれることが多いようです。このサイトでもアフィリエイターという言葉を使用することにします。

<PR>
トップアフィリエイターのノウハウと、
私の師匠である経営コンサルタントによる活用法

アフィリエイトサービスプロバイダ

アフィリエイトプログラムはECサイトが自社で運営している例もありますが(リンクスタッフと言います)、大半はそのシステムを提供しているアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)にECサイトが加盟してします。

アフィリエイターは、そのアフィリエイトサービスプロバイダに会員登録してアフィリエイトプログラムを利用しています。

アフィリエイトはマーケティング手法の一つ

アフィリエイトはアメリカで生まれました。大規模に運営を開始したのはアマゾンドットコムが最初だと言われています。

現在では確固たる地位を築いているアマゾンですが、創業期には当然ながら知名度も資金力もありませんでした。そこで、低コストで費用対効果が明確なアフィリエイトプログラムを採用しました。

企業にとっては低コストかつ費用対効果が明確な広告宣伝方法です。一方サイト運営者やメールマガジン発行者にとっては新たな収入源を得られることになります。win-winの関係を築けるところから広く利用されることとなりました。

無料で好きなときに取り組める

アフィリエイターにとっては金銭的リスクはまったくありません。無料で気軽に始めることができるのでブームになったのでしょう。ブログの普及がアフィリエイトの普及を後押ししています。

子供を持った主婦などまとまった自由な時間を取れない人でも空いた時間に自分のペースで取り組むことができます。主婦でも、有名な藍玉さんのように大きな成果を上げられる方がいらっしゃいます。

簡単に稼げるのか

無料で簡単に取り組めることから、簡単に稼げると誤解されている面があります。アフィリエイト先進国のアメリカでは、誰でも簡単に稼げるというイメージは一切ありません。競争が厳しく努力して結果を出している一部の有力アフィリエイターしか生き残っていないようです。

月に1万円以上を稼ぐアフィリエイターは全体の10%程度と言われたりします。これには誇張がありそうですが、上位20%が全体の売上の80%を上げるという80:20の法則はアフィリエイトにも当てはまることは間違いないと思われます。

アフィリエイトは金銭的なコストなしで取り組むことはできますが、サイト製作などの時間的なコストが発生しています。パートやアルバイトに出るほうが割が良いといったことも十分にありえることです。

>>アフィリエイトの歴史へ

▲TOP

Copyright(C) Affiliate Manual All Rights Reserved