広告の活用方法

広告の種類

アフィリエイト広告の代表的なものは、バナー広告個別商品リンクテキストリンクの3種類です。

バナー広告

バナーとは、「banner=旗」の意味です。よく目にする広告です。

個別商品リンク

単一商品の画像の広告です。

インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング

テキストリンク

文字の広告です。

アフィリエイト成功への近道!検索エンジン上位表示にも対応したアフィリエイト専用WEBテンプレート

コンテンツ連動型広告

ページの内容にマッチした広告を自動的に配信してくれるプログラムがあります。コンテンツ連動型広告と呼ばれたりします。Google AdSenseに代表されるものです。

キーワードリスティング広告

あるキーワードを指定して、そのキーワードに関連する商品を自動的に配信してくれる広告もあります。キーワードリスティング広告と呼ばれたりもします。

どのように活用するか

テキストリンク中心に

特に情報サイトの場合は、テキストリンクを中心にすることが原則です。テキストリンクは本文に溶け込みます。広告らしく見えないのでクリックしてもらいやすいからです。

上で紹介したテキストリンクは広告らしいキャッチな文章になっていますが、以下のような文章はどうでしょう。

HTMLの知識を持っているに越したことはありませんが、ホームページ・ビルダーなどのホームページ作成ソフトを利用すれば、HTMLがわからなくてもホームページを作ることができます。

広告らしくありません。バナー広告は素通りされることが多いのですが、テキストリンクは比較的クリックされやすい傾向があります。

ただし注意事項があります。多くのアフィリエイトサービスプロバイダでは、提供されているテキストリンクの文章を変更してはいけないという規約になっています。もちろん自分で自由に文章を作ってよいプログラムもあります。

バナー広告や個別商品リンクの使い方

文字ばかりのページは味気ないしデザイン的にも面白くありません。デザイン的なアクセントとしてバナー広告や個別商品リンクを使うという方法もあります。

文字情報と合わせて画像で視覚に訴えると有効な場合があります。特に物販の場合はそうでしょう。そのようなときに個別商品リンクを利用します。

とてもきれいで興味をそそる商品画像を提供している広告主もあります。そのような個別商品リンクはぜひ有効に活用したいものです。

バナー広告や個別商品リンクは、それ単体では中々クリックしてもらえません。デザイン要素として利用するなら別ですが、一言でもコメントを添えておくとクリックしてもらえる確率が高くなります。

コンテンツに集中するなら

ショッピングモール型のサイトを作る場合、作業の多くの部分を広告の選定とサイトへの掲載に当てることになります。しかし、情報サイトの場合はそうではありません。広告にまつわる作業の優先度はコンテンツの次になります。

コンテンツに集中したいのであれば、コンテンツ連動型広告キーワードリスティング広告のみを利用する方法もあります。自動的に広告が配信されますので作業量が軽減されます。

また、アフィリエイトが認知度が高まるにつれて、アフィリエイトに悪い感情を抱く人も増えています。サイトで収入を得ようとする行為自体を悪いことだと考える人もいるようです。

Google AdSenseのみを利用してアフィリエイト色を薄めるという方法も考えられます。アフィリエイトをしていないサイトと相互リンクをしたい場合などはこの方法が良いと思われます。

>>信頼を得るへ

▲TOP

Copyright(C) Affiliate Manual All Rights Reserved