SEOとは

検索エンジン最適化

検索結果の上位に表示するテクニック

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)を略してSEOと言います。サイトを検索エンジンの検索結果上位に表示するためのテクニックのことを言います。

検索エンジンに上位表示されることが成果アップの近道であり絶対条件とも言えます。検索エンジンに好まれるページ構成にすることから最適化と言われるのでしょう。

Yahoo!およびGoogle対策

以前はSEOと言えばGoogle対策を意味していました。Yahoo!もGoogleのシステムを利用していたからです。しかし、現在ではYahoo!は独自開発したシステムを稼動させています。

日本ではYahoo!ユーザーが多いので、Yahoo!を無視するわけにはいきません。というより、GoogleよりYahoo!のほうが重要です。

とは言っても、基本的な対策はYahoo!もGoogleも同じです。突き詰めていくと当然違いはありますが、ここではそこまで深く触れません。興味のある方はSEOサービスを提供している企業のセミナーなどにご参加下さい。

MSNを利用する人も増えているようですが、現在では無視して構わない程度です。Yahoo!とGoogleで上位表示されればMSNでも上位表示されるでしょう。もしそうでなかったら、MSNが間違えていると言わざるを得ません。

SEOが重要な理由

ネットユーザーの8割は検索エンジンを利用

ネットユーザーの8割は検索エンジンを利用して目当ての情報を探しています。実際最もアクセスが多いのは検索エンジン経由からです。あえて重要である理由を言う必要はないでしょう。

また、多くの人は検索結果の2,3ページくらいまでしか見ません。ということは、10ページ目に表示されようが100ページ目に表示されようが、多くのユーザーにとっては存在しないも同じ意味になります。

1ページ目表示が困難だとしても、狙ったキーワードで3ページくらいまでに表示されるのを目標としたいものです。

関心を持ったユーザーが集まる

検索エンジンを利用するユーザーは当然ながら自分でキーワードを入力します。そのキーワードへの関心が高いのは当たり前です。

偶然にあなたのサイトへたどり着いたユーザーよりも、検索エンジン経由にてあなたのサイトにアクセスしたユーザーのほうが購入する可能性が高いのは当然でしょう。

独自ドメイン取得のすすめ

独自ドメインでも触れていますが、サイトを公開するのであればぜひ独自ドメインを取得しましょう。そうでなければサブドメインバードドメインと呼ばれるものはSEOに不利なので避けたほうが無難です。

ドメインの詳しい説明は独自ドメインをご覧頂くとして、バードドメインと呼ばれるものがなぜSEOで不利なのかを説明します。

下の画像はGoogleの検索結果画面をキャプチャーしたのものです。

Googleでは同一ドメインの場合、上位2ページしか表示しません。3位以下のページは赤で囲ったようにその他扱いとなります。

上の例の場合は「ホンダ」サイト内のページの競合なのでわかりにくいかもしれませんが、以下の場合ですとわかりやすいと思います。

ライブドアブログを使ってAさん、Bさん、Cさんが同じテーマのブログを作ります。それぞれのURLは以下のようになります。

  • http://blog.livedoor.jp/AさんのID/
  • http://blog.livedoor.jp/BさんのID/
  • http://blog.livedoor.jp/CさんのID/

Googleの評価が、「Aさんのブログ>Bさんのブログ>Cさんのブログ」となった場合、Cさんのブログは〔他、http://blog.livedoor.jp/内のページ〕の扱いになります。

もちろん上位2位以内の評価を受ければ良いのですが、一つ余計なハードルを越えなければなりません。

できれば独自ドメイン、そうでなければサブドメインの利用をおすすめします。

>>検索エンジンの種類へ

▲TOP

Copyright(C) Affiliate Manual All Rights Reserved