コンテンツの充実

SEOとコンテンツの充実。どちらが先か?

SEOとコンテンツの充実。どちらが先かは意見の分かれるところですが、現在はSEOが優先だとする声が多いようです。それぞれの主張は以下のようなものでしょうか。

SEO派

アクセスがなければ始まらない。

検索結果1ページ目に表示される質の低いサイト5ページ目に表示される質の高いサイト前者のほうが高い成果を得られる。

コンテンツ派

アクセスがあっても内容がなければユーザーは素通りしてしまう。そんなサイトでは成果は期待できない。

検索エンジンは、中身のないテクニックに長けただけのサイトは除外したがっている。

まずはコンテンツの充実

検索上位表示を果たしているサイトが強いことは間違いありません。質が劣っているとしても、上位表示の威力に勝てないことは間違いありません。

ブログは検索エンジンとの相性が良いと言われています。Yahoo!がYahoo!検索(YST)優先に移行した理由の一つに、日々増え続けるブログへの対応があるとも言われています。

私は以下の理由からコンテンツの充実を取ります。

検索エンジンの目的は?

検索エンジンの目的は、何らかの情報を探しているユーザーに、有益で質の高い情報を多く提供できるサイトを提示することです。

Yahoo!やGoogleの検索精度は非常に高いものがありますが、それでもまだまだ発展途上だと考えています。将来的には今以上にコンテンツの質が問われることになるはずです。

アフィリエイトサイトの氾濫

ブログの普及、アフィリエイト自体の認知度のアップによってアフィリエイトサイトが急増しています。

検索してもヒットするのはアフィリエイトサイトばかり。しかも広告だけで中身のないサイトが大半。といった声が頻繁に聞かれるようになっています。これは検索エンジンにとっても由々しき問題であるはずです。

中身のないサイトは排除される方向に進むことがあっても逆のことはないでしょう。

有益なコンテンツとは

有益なコンテンツと一言で言っても、何が有益であるかはユーザーによって異なるはずです。ユーザーによって求める情報は様々であるはずです。

ある商品の購入を決めているユーザーにとっては、価格比較購入者のレビューが有益なコンテンツに成りえるでしょう。

何か解決したい問題があるユーザーにとっては、解決策となりえる商品情報が有益なコンテンツとなるでしょう。

すべてのユーザーが満足するコンテンツはありえません。どのようなユーザーをターゲットとするかを明確にして、そのユーザーが求めるコンテンツを充実させましょう。

とは言えやっぱりSEOも

コンテンツが大切と強調してきましたが、SEOとはでも説明したように、アフィリエイトの成果は検索結果の表示順位に大きく左右されます。

そのためテクニック的な対策も必要です。まずコンテンツありきですが、SEOも無視できません。次のページから具体的なSEOのテクニックについて説明します。

>>キーワード対策へ

▲TOP

Copyright(C) Affiliate Manual All Rights Reserved