初売上から更新の日々

サイト公開

数ページ程度のコンテンツを作ってからサイトを公開しました。その後アフィリエイトサービスプロバイダへ登録して商品の紹介を始めました。

情報型とショップ型を組み合わせた感じのサイトでした。

どちらも中途半端で、今考えるととても売れそうな気になれないサイトでした。ダメサイトの見本として残しておけばよかったのですが、残念ながら削除してしまいました。

<PR>
トップアフィリエイターのノウハウと、
私の師匠である経営コンサルタントによる活用法

売上どころかアクセスもなし

初めて作ったアフィリエイトサイト。公開してからは期待でいっぱいでした。

しかし、アクセスさえありません。

当たり前です。検索エンジンに登録することすら知りませんでした。相互リンクが有効であることも知りませんでした。

ネットで調べて、検索エンジンに登録しなければならないことを知りました。そこでGoogleに登録しました。無料登録ドットコムを利用したり、中小の検索エンジンにも登録しました。これらについてはアクセスアップとSEOにて説明します。

しかし、すぐに結果につながるわけがありません。当時は初売上までに3ヶ月程度かかることを知りませんでした。やる気をなくしてアフィリエイトから足が遠のくことになります。

初売上

情報商材購入

相変わらず結果は出ていませんでした。「ちょこ変講座」で紹介されていた「売れる!アフィリエイトサイト構築マニュアル」を購入してみましたが、購入しただけで何もしていませんでした。

後にこの「売れる!アフィリエイトサイト構築マニュアル」が飛躍のきっかけになります。購入したときに行動すればよかったと思います。行動のないところに結果はありえません。

忘れた頃に初売上

しばらくサイトを放置していましたが、ある日何気なく楽天アフィリエイトを見てみると、商品が売れています!

サイトの力ではなく楽天の力で売れたのですが、勘違いしてモチベーションが上がるきっかけとなりました。

おそらくほとんどのアフィリエイターの初の成果は、楽天アフィリエイトGoogle AdSenseからもたらされると思います。特にサイト立上時には必須のアフィリエイトサービスプロバイダです。

更新の日々

モチベーションアップ

理由は何であれ、売れた事実がモチベーションを上げてくれました。

同時に知識のなさを実感しました。ネットで調べればよかったのですが、情報商材に頼ることにしました。

「ちょこ変講座」で紹介されていました「Webノウハウラーニングコース」を購入しました。29,800円と高額でしたが、結果としてはその価格に見合う価値はありました。何より、この投資は無駄にしないという気持ちで取り組んだことが大きかったです。

「Webノウハウラーニングコース」ですが、今では内容が若干古いです。また、今ではアフィリエイトの基本的なノウハウの多くはネットで無料で手に入ります。書籍も多く出版されています。

私が購入がした当時はあの金額の価値があったと思います。良いものとは思いますが、現在ではあの価格の価値があるとは思っていません。

リニューアル

「Webノウハウラーニングコース」には、ネットユーザーが求めるものは情報だと書いてありました。

私のサイトは情報系とショップ系の組み合わせのようなもので、しかもいずれも中途半端でした。ショップ系はあきらめて情報系のサイトを作ることにしました。

ネットユーザーの利用目的第1位は今でも情報収集ですが、ショッピング目的でネットを利用するユーザーの比率が着実にアップしています。当然購入してくれる可能性が高いのはショッピング目的のユーザーです。

スーパーアフィリエイターと呼ばれる人たちは、ショッピング目的のユーザーをうまく取り込んでいる例が多いようです。オリジナルのコンテンツが不要である分、ショップ型サイトのほうが取り組みやすいと言えるかもしれません。

サイトをリニューアルして情報を充実させることにしました。この頃は、情報を収集してコンテンツを充実させることに集中していました。

また、「売れる!アフィリエイトサイト構築マニュアル」の伊藤さんに何度かサイト診断をお願いしました。これは大きかったです。マニュアルはさらっと読んだだけでしたが、伊藤さんの診断はとても役に立ちました。

すぐに収入に結びつくことはありませんでしたが、この仕事が今のサイトの土台になっています。

相互リンク

相互リンクがアクセスアップに有効であることを知り、相互リンクを増やすことにも取り組みました。

この頃は毎日のように相互リンクの依頼をしていましたが、やはり有名サイトとの相互リンクは効果がありました。検索エンジンより相互リンク先からのアクセスが多かったのがこの頃です。

しかし、相互リンクはあるときから控えました。評価の低いサイトとの相互リンクを増やすよりも、コンテンツを充実させるほうが長い目で見ると良い結果につながるようです。

>>ついにに続く

▲TOP

Copyright(C) Affiliate Manual All Rights Reserved